re:re:start

さて、7月になりました。

7月になり新宿区も公共施設が開放されることとなりました。依然として学校開放は未だに解除されていませんが、6月よりは安定して活動できるのではないかと予想しています。まだまだ不安定極まりないですが。

6月は皆様のご協力により良いリハビリになったのではないか?と思います。また、あれだけのOBが参加してくれるとは思いませんでした。お互いに刺激にはなると思いますので、今後も参加してもらえるとありがたいです。

6月は原始的なトレーニングが多めでした。しかし、単純さの中に意外に大事なものがあることもしばしばです。ボールを持ったときに何ができるの?と試されるのは事実ですので、武器を増やしていけるように積み重ねて行きましょう。

というわけで、またリ・スタートです。ブロック、区の大会ともに夏の熱中症を避けて行う可能性が高いので、9月から公式戦が始まるのではないか?と予想しています。学校開放がない中で、公式戦だけを行うのはなかなか厳しいですからね。

練習試合なども徐々にやっていこうと思いますが、やはり公式戦とはどうしたって異なります。なので、普段の練習とフィードバックがより大事になってくるのではないかと思うようになりました。

なので、せっかくお休み中に始めたアプリなどもありますので、できるだけ、練習の振り返り動画も上げていきます。早速あげましたので、御覧ください。

OBのその後の答え合わせをしながら、目の前にいる選手たちに還元できるように取り組んでいきます。

では、はりきって頑張りましょう。というか、初っ端に抽選が外れ申し訳ありませんでした。出鼻をくじかれるとはまさにこのことですね。

今週のお題

こんにちは。

久々の学校はどうでしたか?学校がすぐ終わる!という意味では、みんなにとってありがたいことなのかもしれませんが、生活のリズムを取り戻す上ではまだまだ時間がかかりそうですね。

チームの活動も今週はお休み。来週からどうなる?と言った様相ですが、6月は梅雨。雨でも練習ができる場所は少なく、本当にリハビリ程度で終わってしまう6月になるのではないかなと。そして7月は酷暑の夏になるのかどうか。なお、大会関連に関しては、東京都少年連盟のホームページでご確認ください。新宿区の大会は恐らく夏休み明けになるのではないか?と勝手に予想しています。

なお、サッカーを再開した地方の指導者の方から話を聞くと、体力の低下がまじでやばいらしいです。試合やゲーム形式の練習はできる気配もないと。

なので、柔軟とか縄跳びとか言ってきましたが、新たにこんなトレーニングをしたほうが良いよ、というのがリアクショントレーニング。

https://www.athlete-collection.com/soccer-training/agility/realmadrid-reaction-facetoface/

色々と試してみてください。

今週のお題です。

下記を参考にして、目標設定シートを書いてみよう。

https://www.sakaiku.jp/series/okomari/2013/005128.html

https://www.sakaiku.jp/series/images/%E7%9B%AE%E6%A8%99%E8%A8%AD%E5%AE%9A.pdf

なお、印刷ができない選手はノートに自作してください。難しくはないはすです。提出はいつもどおりにメールで。ただし、人の目標に口を出すことは粋ではないと思うので、提出はどちらでも構いません。ただ、目標が高い人は是非。恐らく、アドバイスの仕方も変わると思うので。

今週のお題

こんにちは。

本日は大きく動きのあった日です。なので、来月の学校事情もどのようになるかわかってきたのではないでしょうか。まだまだ日常が戻ってくる気配はありませんが、淡々と過ごしていきましょう。

なお、ひろさわは保育園の活動自粛により、心を失いそうな日々を過ごしています。まさに忙しい。それでも子供と向きあえた日々は貴重でした。本当の意味で身を引き締めてやらないといけないなと。本当の意味でってなんやねん、って話ですが。

前回のお題について連絡をくれたみんな、ありがとうございました。返信は今日、もしくは明日までに行います。さきにお題の発表から。

今週のお題です。

この動画を見てどう思いましたか?感想を自由に書いてください。

コーチが疑問に思うのは、バルセロナの選手たちがどのような声をかけていたか?です。できれば、考えてみてください。

以上です。なお、試合の動画も探せば出てくるのではないでしょうか。

【回答方法】

メールでお願いします。時間はかかりますが、フィードバックも必ず行います。字が綺麗な選手はノートの写真を添付でも構いません。

もちろん、提出しないでも構いません。是非家族で話し合うだけでも全く問題ありません。

では、また来週!!もあるのかどうかは、木曜日くらいに連絡できたら良いなと。ではまた。

今週のお題

こんにちは。

縄跳びしてますか?コーチは縄跳びをしてすぐにくたばりそうになりました。速度を上げること、リズムを変えることを意識して取り組むと、縄跳びは良い運動になると思います。

先週のお題について、解答をしてくれた選手のみんな、ありがとうございました。誰も連絡してこないだろう!と思っていたので、ちょっと驚きました。なお、今回の課題も同じような課題とします。なお、試合の感想、課題などを送る送らないは本当に自由です。ただ、試合は見てもらえるとちょっとだけ嬉しいです。

https://www.youtube.com/watch?v=CHEO37MyEjA&feature=youtu.be

ちなみに、前回の試合はマジョルカで奮闘している久保建英選手の小学生のときの試合でした。現在の年齢は大学一年生です。試合に出ている選手でプロになった選手もちらほらいました。

今回の試合は、恐らく6年生と同じ年齢の選手たちの試合です。より身近に感じられると思いますし、25分で終わりなので、前回より見やすいのではないでしょうか。

では、この試合を見て以下の問に答えてみましょう。なお、問には全て答えないで提出しても構いません。

問1 この試合を見ていない人にこの試合を説明してみましょう。つまり、試合の要約をしてみてください。

問2 ベティスのシステムについて説明してください。キーパーも含めましょう。何パターンもあります。

問3 自由に感じたことを書いてみてください。

【回答方法】

メールでお願いします。時間はかかりますが、フィードバックも必ず行います。字が綺麗な選手はノートの写真を添付でも構いません。

もちろん、提出しないでも構いません。久々に友達に電話をしてこの試合だった?と感想戦をするのも楽しいかもしれませんね。

では、また来週!!

今週のお題

こんにちは。ストレッチしてますか?ひろさわは3歳児と向き合う日々を過ごしています。みんなは是非自分と向き合ってください。お風呂掃除をしてみるとか、洗濯物をひたすらにたたんでみるとか。

学校の課題やら何やらあると思うので、チームからのお題は強制ではありません。コーチに感想を送ってね!とありますが、家族間で試合の感想を話し合うだけでも非常に意味はあると思います。

以下、試合とお題です。

「ジュニアサッカーワールドチャレンジ 2013 準決勝」のバルセロナ-東京ヴェルディの試合を観て、以下の問いに答えよ(^o^)

問1 この試合を見ていない人にこの試合がどんな試合だったかを説明しましょう。つまり、試合の要約をしてみてください。

問2 両チームの選手の違いについて、特にプレーの習慣について考えてみましょう。

問3 自分が監督だったらもっとこうするのに!と考えてみましょう。

時間があると思いますので、できたら2回試合を見てほしいと思います。同じ試合を何度も見ることはサッカーを理解する上で重要です

【回答方法】

メールでお願いします。時間はかかりますが、フィードバックも必ず行います。字が綺麗な選手はノートの写真を添付でも構いません。

もちろん、提出しないでも構いません。久々に友達に電話をしてこの試合だった?と感想戦をするのも楽しいかもしれませんね。

では、また来週!!

5月を楽しく過ごすために

こんにちは。

3.4.5月と学校がお休みになるとは誰が想像したでしょうか。無事に卒業式はできるのか??と練習中に話していた日々が懐かしいくらいです。

さて、4月は沈黙していたチームですが、そんな日々を振り返ると、みんなはどのような4月を過ごせましたか?そろそろネタ切れというか、何をしたらいいんじゃ!!という状況になっていると勝手に予測しているので、チームからこんなことをしたらいいんじゃないかな?とブログを通じて提案してみたいと思います。あくまで提案なので、やるもやらぬも好きにしてください。

二時間多く寝よう

日本サッカーの育成年代には良い面も悪い面もたくさん存在します。さて、その中でもとあるJ下部に進んだOBの名言がありますので、引用してみましょう。

平日は週に2回しか練習しません。あとは土日です。成長期なので、背を伸ばすためにエネルギーを使いたいんです。毎日練習をしたら疲労回復にエネルギーを使ってしまうので、背が伸びないらしいですよ、と。

恐らくですが、サッカースクールもこの時期は活動していないと思います。なので、披露がたまらずに、背を伸ばすチャンスです。ちなみに自分の生活を振り返ってみましょう。小学校のときは毎日サッカーをしていませんでした。で、21時には寝て7時に起きていました。そして、中学では毎日の活動!となりましたが、キーパーはそこまで疲れませんし、運動後にすぐに晩御飯を食べていましたし、22時には寝てました。偶然ですが、背が大きくなるような生活をしていたことになります。

プロになる!というのは大げさな話ですが、プロになるには背が大きいほうがベターです。で、背が大きくなるにはたぶん小・中学校での過ごし方が重要になります。というわけで、寝ましょう。寝てみましょう。スマートフォンをいじっている場合ではありません。

体をやわらかくしてみよう

便利な時代になったもので、家にいながら動画を観てストレッチなどをできる時代になりました。継続は力なり!という言葉はコーチの中学校の標語でした。

なので、保護者の方と一緒に、できれば誰かと一緒にストレッチをしてみてください。動画などを参考にしながら。動画を探すのも経験です。上半身と下半身をバランス良く動かすことで、最強の身体を手に入れることができるかもしれません。再会したときに身体がやわらかくなっていたとしたら、そんなあなたは何にでもなれるかもしれません。

サッカー以外の動作をしよう

おすすめは縄跳び、バトミントン、登り棒、雲梯。身体を自由自在に動かすためには様々なスポーツをしたほうがいいようです。幼少期からサッカーばかりやるのは良くないという流れが世界にはあります。

道具がない!という選手はひたすらに走りましょう。短距離と長距離をバランス良く。短距離は全力で10本くらい。できれば上り坂。長距離は距離と時間を必ずはかること。だらだらやらない。コーチは高校受験のときに気分転換で長距離の特訓をしたら、受験期にもかかわらず、1500を5分きりました。

サッカーを見て学ぼう

こちらはアプリを通じて行います。近日中にご案内します。

では、楽しい5月を

re:start

ようやく事務所で仕事ができる程度に復活できました。休みのたびに体調を崩している気がします。病は気から、というのはあながち間違っていないのかもしれません。電車での移動中に何となく体調が復活していくような錯覚に襲われたことも事実です。

さて、昨年度は色々なことがありました。コーチが生まれてきて何年もたちますが、3月が休みになることは初めてです。コーチの近所では日増しに公園で遊んでいる小中学生がとても増えてきました。

チームの活動としては、ライオンズ杯を3/1に行うことができました。5年生は足りないものの再確認というよりは、再認識を行い、6年生はらしい試合を最後に見せてくれました。結果こそ出なかったものの、区切りとして最後の試合ができたことはとても良かったんじゃないかなと思います。

特に6年生は新宿区の大会でも小さいころから、四苦八苦、悪戦苦闘の日々を繰り返していたと記憶しています。それが6年生の最後にはピッチでしっかりとやるべきことをやれるようになっていったことはとても良い結末だったのではないかなと感じました。最後のヘディングが決まっていればもっと良かったかもしれないですけど。

チームとしてはOBが選手権に出場してPKを蹴ったり、U16日本代表に選ばれたりと、規模の小さなチームとしてはありえないことも起きていますが、そういったことがなぜ起きたか?や、最近はなぜ起きていないのか?などをしっかりと整理してrestartしていきたいと思います。

ボールを蹴られる日々に感謝しながら、楽しんでいきましょう。

暗くなってきた月曜日

久々の写真です。

今日の練習のテーマは「さまざまなドリブル」でした。自分の言語で構いませんので、自分なりに理屈で説明できることが大切です。成功したときも失敗したときも。

裏テーマは「浮き」でした。練習にきた人で動画が欲しい人は連絡してください。