5年生練習試合結果

VS 清和イレブンSC

1.1-3 じゅんや

2.0-1

3.1-1 れん

4.2-0 こうと、じゅんや

VS エクセレントフィートFC

1.0-2

2.1-1 はやと

3.0-2

4.0-2

前半は、相手選手に怖がって味方の状況が整ってないのに無理やりパスを出して、奪われて、ミスして、また奪っての繰り返しでした。

先ずは、ボールを持っている時でも持っていない時でも、味方選手、相手選手がどこにいるか、どんな体勢、どんな状況なのか必ず観ましょう。

清和イレブンSCのみなさま、エクセレントフィートFCのみなさま、本日はありがとうございました。

また、よろしくお願いいたします。

T2Bリーグ結果報告

VS MIP 1 - 3

前半に先制してリードして折り返すものの、相手のピッチに対応したなりふり構わぬ姿勢の前に逆転されてしまいました。

VS プラウド 4 - 0

序盤の一進一退の時間帯を過ごし終わると、徐々に試合の主導権を握り始めました。そして、こちらの決定機は決まり、あちらの決定機は外れ、という幸運な試合となりました。

VS グラント 0 - 0

執拗に相手の裏を狙った攻撃もノイアーのような相手キーパーの飛び出しの前に沈黙。本当に良いキーパーでした。相手の波状攻撃をしのぎ切り、引き分けとなりました。

VS 関前 3 - 2

前半に3点のリードでハーフタイムを迎えたものの、後半は相手にパス回しに疲労からかついて行けず。またも、最後は波状攻撃を受けるものの、ポストも味方になって守りきりに成功しました。

VS 富士見ヶ丘 0 - 0

後期は全勝!!の相手に序盤は風下ということもあって、ゴールキックもパントキックも飛ばず。繋いでみるけれど、消極的なマインドを披露。ただし、後半は風を味方につけて猛反撃。しかし、ゴールは奪えずに引き分けで終わりました。

VS キントバリオ 2 - 2

前期にフルボッコにされた相手。後期も上手でした。案の定相手に先制を許すものの、練習しているようなボールの繋ぎから、フクマサの会心のゴール。セレブレーションがかわいかったです。しかし、後半に練習のように決められて再びのビハインド。しかし、走り続けたミロが泥臭いゴールを決めて、引き分けで終了。

残すところ3試合。色々なものを背負ったほうがパワーが出る選手は背負えばいいし、背負わないほうがパワーが出るなら、背負わないでいいと思います。悔いのない試合をしましょう。

対戦して頂いたチームの皆様、応援にきていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

3.4年生練習試合結果

VS 新宿FC

1.1-3 しゅうせい

2.0-0

3.1-0 りょう

4.1-0 けんぞう

5.0-1

6.1-0 りょう

7.0-2

8.1-3 あおい

9.0-2

10.1-2 かける

でした。

全員いろいろなポジショニングでプレーをしましたが、ボールしか見てないのでしっかり相手選手がどこにいるのか、味方はどこにいるのか、スペースはどこにあるのか、見てプレーをしましょう。

新宿FCのみなさん、ありがとうございました。

また、よろしくお願いいたします。

東京リーグ結果報告

VS 糀谷 4 - 0

練習試合

VS BOA 1 - 3

でした。

初戦は周りのタイミングに合わせないプレーが多く、ちぐはぐな試合となってしまいました。

2試合目は相手の上手さ、速さにたじたじになりました。ただし、追い込まれてからプレーの変わった選手が何名か出てきたので、それはとても良かったと思います。

新宿区区民大会結果報告

6年生

VS 四六 27 - 0

VS 淀橋 10 - 0

準決勝は10/5の予定です。

5年生

VS 戸山4年 3 - 2

VS 戸山5年 2 - 2 PK勝ち

9準決勝は9/22の予定です。

6年生は良くも悪くも普段通りにプレーできていたと思います。自分の課題と向き合っていたか?というと、評価にしにくい試合でした。

5年生は先制される辛い試合たちでしたが、根性で逆転したり同点に追いついたりと奮闘していました。危機感の足りない場面が多かったですが、負けるという事実をつきつけられたときに危機感がようやくでてきたようなプレーが見られたことは良かったと思います。

自分の課題と向き合ったり、危機感を持ったりしてプレーすることはとても重要です。普段から習慣化できるように頑張りましょう。

3.4.5年生練習試合結果

VS 碑文谷FC

4.5年生

1.3-1 はやと、れん、じゅんや

2.1-2 はやと

3.2-1 れん、はやと

3年生

1.0-0

2.0-3

3.2-0 しゅうせい2

でした。

後半は、周りを観ることができていました。

しかし、パスやトラップのミスで相手ボールになっていましたので、自分に来たボールをしっかりコントロールできるように、ボールがいつ来てもいいように準備しておきましょう。

碑文谷FCの皆様、ありがとうございました

また、よろしくお願いいたします。